02
2017

想い出

CATEGORY勉強
高校時代は普通の県立の女子高に通っていました。
(今は共学です)

当時は、大学進学者も少なく、地元の短期大学に進学する事が一般的でした。

高校入学当初は、遊ぶ事が楽しくて、正直学校の勉強は殆どしませんでした。
ただ、進学を考えるようになって「県外の大学に行きたい」と強く思うようになりました。

実は、岐阜の短期大学に合格をしました。
しかし、自分のやりたい事とも違うと感じ、辞退を致しました。

当初の希望は、工学部希望だったからです。
学校の先生に相談したら「我が校から理系大学の進学は難しい」とアドバイスを頂きました。
確かに、当時は、数学ⅠⅡしか教養課程で学ばないし、理科も理科ⅠⅡが2年生までのカリキュラムでした。

そして、考えたのは文系で一番理系に近い学部です。
文系科目で受けられる、理系に一倍近い学部は「情報学部」でした。

そして、無事情報学部に入学しました。
全国から学生が集まっていた大学でした。

また、他大学との交流も盛んで、早稲田、日大、慶応の学生が所属するサークルに入っていました。
その時に思った事は「上には上が居るな」と感じましたね。
現役大学生で「日商簿記1級取得」とか普通でしたからね。

打ちひしがれた感じが強かったですね。
何となく、そういう人には絶対に敵わないと肌で感じていました。

それでも、何かを一つ続けていたら「道は見えるのじゃないか?」と、大人になってやっと思えるようになりました。

yumiko-1992.jpg
高校当時の写真です。
若かったですね。

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment