03
2017

東大経済学研究科の過去問を抜粋!!!!

おはようございます!

The separation of the institutions of learning from others in society would appear to provide the ideal physical climate for the mental task of separation from society that the theorist sets himself.
But even this physical separation cannot render possible the ideal theorist.
There is no escape from the ideological relations that are part of any society.

学問とういう制度を社会の他の制度から分離することは、一見すると、理論家自身が身を置いている社会から独立するという精神的作業のための、理想的な物理的環境を提供することだと思われるかもしれない。
しかし、このように物理的に分離したとしても、理想的な理論家になれるわけでは無い。
イデオロギー的関係は社会の一部分に過ぎないが、そこから逃げる道は無い。



説得の心理技術
(著者:デイブ・ラクハニ)
販売価格:3,700円(税抜)
販売条件:90日間返金保証
送  料:無料



人気ブログランキングへ

にほんブログ村








スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment