--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2017

人生が終わった人。。。

CATEGORY書籍
最近、自宅療養中、読書する機会がものすごく多いです。

現在、読んでいるの本はコレ
↓↓↓↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心はあなたのもとに [ 村上龍 ]
価格:853円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)





半分位読みました。
かなり分量が多いですミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ


その中の一節に。。。
「病気になって、離婚して、わたしは、もう自分の人生がだいたい終わったなと思っていたのです。先がみえてるって言うか、将来がこんなものだろうなってわかるって言うか。」

この表現に物凄く同感しました。

それも彼女と同じで、そんなに嫌な事では無く、楽な事とという感じです。
私の周りには人生終わった人が多いという表現も心を打たれました。

それは「出会いが無い」という一言に尽きるのかもしれません。
出会いが無いには御幣がありますね。
自分にとって、人生観を変えてしまうような出会いが無いという事です。




誰とあっても、自分の軸が決まっていて、決してブレたりする事が無いという事なのです。
だから逆に、今度は自分が「誰かの人生感を変えられる人間にならないとな。」と思いました。


そして、あと1年位は、まだ自由が利かない身体なんだなと現在感じました。



だから、大学の2年半の通信を選びました。
2年半経ったときには、少しは力も入るような身体になっているのだろうなと予想しました。



その間に税理士試験も1科目、出来たら2科目合格出来たらよいなという感じです。
その後、「大学院に行くかどうか」という選択肢が出てくるのだと感じました。
きっと、税法免除大学院に行くのだろうけど、「どこの大学院に行くかは、2年半の中で決めるのだろうな?」という感じです。



この村上氏の書いた本は心に響く事が多いです。
厚いですが、読みではあります。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村


売上が伸びないときに読む本







スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。