18
2016

交際費と税務処理~研究~

CATEGORY研究

 交際費は税務処理を行う上で必要不可欠な項目である。また、日常的に使われる処理なのである。



しかし、交際費の不認判定を行う企業は無いと言っても過言ではないのである。



なぜならば、交際費否認判定において、明確な基準の取決めが行われていない部分が多くあるのです。


この現状をふまえて、交際費の否認を行っていくことになるのである。



 


では、現状の処理基準とはどのような基準であるのだろうか。処理基準を調べていくと、明確な基準が無いことに問題点を発見しました。




その事から交際費否認判定処理において、各自の捉え方で大きく結果が変わるという問題に直面しました。



交際費という否認判定の内容が難解であり、各自様々な見解をしいられる難解な科目である為、問題が常に発生する。



それ故、扱うべき我々が交際費の税法上での扱いを十分熟知する事が不可欠であります。



更に、理論と実務の論点が異なる事に直面するのである。理論と実務の取扱いを十分熟知する事が今後の税法では大事であると感じております。



更に、しかるべき指針や線引きを指示す事が税法では重要であると考えました。




日常生活はこちらに綴っていますチョキ

(エッセイ・コラム等)

右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印

YUMENARI

 
こちらも宜しくお願い致しますドキドキ




にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村








スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment