FC2ブログ

タックスヘイブン(租税回避)

日本が税制の低い国に租税回避を行う事をいう。

現在、日本の大企業が租税回避をする事で、日本に支払う税制無になるという大問題が起こっています。
大企業・富裕層の租税回避が起こる事で、日本の税制(消費税等)の値上がりが起こり、日本経済を圧迫している事も重大な問題となるでしょう。

問題は、アメリカに次いで2位でタックスヘイブンが行われている国でもあります。
今後、消費税10%になると、租税回避がますます起こりえると考えられる。
税金の安い国に、海外移転価格税制が行われるだろうと考えられています。

そうすると、庶民の生活は、ますます圧迫されると考えれています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村







スポンサーサイト

ソフトウェア会計

フトウェアの研究開発費にかかる諸問題。

期間損益計算(期首4月、期末3月の場合)
バッチ処理
リアルタイム処理との違いにおいて、タイムラグが生じる問題。
それにかかる会計処理の諸問題が起こります。
期末3月31日に会計を〆た場合。
当期末、3月31日23時59分に帳簿を仕上げた場合に起こりうる、システム上起こりうる諸問題。
現状、計算上、3月31日に当期のシステムでの処理を行うことは不可能に近い。
31日に帳簿を〆た場合、いつ会計システムにおいて処理されるのか(されたのか)
それにより、未回収や前払いが生じる。
期間損益計算とシステムの不具合により起こるバグ等により、会計処理ができなかった場合の対応についての考察。
また、帳簿を3月31日に〆られなかった場合に起こりうる未回収、前払いの取り扱い。
それにより、納付書や請求書の遅延が生じる。
遅延により、起こりうるトラブル等の取り扱いについてどう対応しているのか、各社で問題は無いのか調べてみる事が重要な論点と言えるだろう。

システムにおいて、リアルタイム処理方式では、その都度システムで処理をしている。
言わば、銀行のATMの機能のようなものである。
1つ1つの処理に時間がかかるのが難点であるが、正確に時間の金額をはじき出せる点では優れている。
ただ、コストはかかるのだろう。

バッチ処理方式は、一度に大量のデーターを処理をする方式である。
この大量データーを一度に処理をする、時間と機能がどれほど優れているのかが問題点である。

バッチ処理でも、リアルタイムのデーターをまとめ、バッチ処理を行っているため少量のデーターでも集めれば多量のデーター量と言えるのである。
特に、消費税移行に伴い、システムの移行も行われる最中、どれだけの負担がシステムにかかるかが問題視されるのだろう。

その面において、膨大なコストがかかると言っても良いのだろう。

このコストは、まだ利用していない消費税10%対応策で考えると、未収金という考え方も出来るのである。
ただ、金銭のやり取りをしている点においては、普通の費用計上とも言えるのである。

どうやって各社は対応しているのか調べてみる価値はありそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村






試験研究費×人件費の日本会計

試験研究費に関わる経理処理はどのようになっているのでしょうか。

<参考>
租税特別措置法関係通達(法人税編)
(「以下「租税特別措置法関係通達」という。)
42の4(1)-3



試験研究費に含まれる人件費
 試験研究費に含まれる人件費は、専門知識をもって試験研究の業務に専ら従事する者に係るものをいうのであるから、たとえ研究所等に専属する者に係るものであっても、例えば事務職員、守衛、運転手等のように試験研究に直接従事していない者に係るものは、これに含まれないことに留意する。



つまり「人件費」とは「専門知識を持ち試験研究の業務に携わる者」に限られているという事である。
専門知識を有する者が専ら従事しているかは、「研究の全ての目的や内容」が試験研究の業務に従事しているか否かにより判断をするのである。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村

『世界一シビアな「社長力」養成講座』



我が国の会計基準における研究開発費の判定!!!

研究開発費はすべて発生時に費用処理になります
費用処理する方法には、一般管理費若しくは当期製造費用の処理方法があります



研究開発費等実務指針第26項では、次のように記されております。

 研究・開発の範囲については、活動の内容が実質的に研究・開発活動であるか否かにより判断すべきと考えられる。
その範囲は、従来製造又は提供していた業務にない、全く新たなものを生み出すための調査・探求活動や現在製造している製品又は提供している業務についての著しい改良を含んでいる。
したがって、現在製造している製品や業務を前提とした場合に、著しいと判断できない改良・改善などを行う行動は、ここでいう研究・開発費には該当しない。


また、研究開発費等に係る会計基準の設定に関する意見書(平成10年3月13日。企業会計審議会)三1には、次のような記述があります。

 例えば、製造現場で行われる改良研究であっても、それが明確なプロジェクトとして行われいる場合には、開発の定義における「著しい改良」に該当するものと考えられる。
なお、製造現場で行われる品質管理活動やクレーム処理のための活動は、研究開発には含まれないと解される。





a0002_006861.jpg


ポイントは、全く新しいものを生み出す事と著しい開発が「研究開発費」となるという訳です。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村

NOTE綴っています私生活応援してください

タックスプランニングって大事!!

現在、父が危篤状態です。

母が付き添いをしています。


私に似ず(私が母に似ずはてなマーク)気弱な母。。。

心配ですあせる


毎日、私が電話をかけて状況を聞いています電話


その為、自分自身の体調管理を徹底していますグー



タックスプランニングについて


山林所得・・・規模を問わず『分離課税』

(分離課税とは他の所得と分けて課税する。



利子所得・・・『一律源泉分離課税』



雑所得・・・・公的年金、それ以外『総合課税』

(総合課税とは、他の所得と合算して税金を計算します。)



借地権の設定対価は不動産所得

(土地の時価2分の1を超えは分離課税譲渡所得。



雑所得に特別控除の適用はありません!

他の所得とは、損益通算できません!!



しかし、内部通算は可能です!



日常生活はこちらに綴っていますチョキ

(エッセイ・コラム等)

右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印右下矢印

YUMENARI
こちらも宜しくお願い致しますドキドキ




にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村









プロフィール

成瀬 ゆみこ

Author:成瀬 ゆみこ




成瀬 由美子(なるせ ゆみこ)
長田南小学校、城山中学校、静岡城北高校、文教大学情報学部卒業

日商簿記2級
秘書技能検定2級
ワープロ検定3級

最新記事
  イベント
イベント等
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR