FC2ブログ

記事一覧

大原の国税徴収法

大原の国税徴収法の理論サブノートを使っています。中身の大切な部分は赤字になっています。そして、赤シートも付属で付いています。重要な言葉が覚えやすいのが、大原の理論サブノートの良さだと思います。そして、ページ数も薄く、200ページ位に全てが収まっています。理論は、これをおぼえれば完璧だと思います。だいたい、覚えるページは120ページ位です。残りの付属ページは、過去問題になっています。ただ、末尾の付録...

続きを読む

国税徴収法

今年は、国税徴収法という科目を学習しています。国税徴収法は『こくちょう』とも言われる科目です。おおよその学習時間は300時間と言われています。講義は入れないで、300時間ともなると、時間を確保をする事が大切になります。だいたい、朝学習をしています。早い時には、朝4時起きをして、学習をしています。私の場合は、覚えるのには、書いて覚えています。テキストは「大原」と「TAC」「ネットスクール」のテキストを...

続きを読む

収入印紙

時に収入印紙を貼る機会があると思います。収入印紙は郵便局で取り扱っています。収入印紙を貼る行為は、印紙税という税金を国に納めるという事を示します。印紙税は、収入印紙を貼った文書を対象にし、課税するという事です。納税義務は、課税文書の作成の時に成立します。納税義務者は、文書の作成者になります。人気ブログランキングへにほんブログ村...

続きを読む

研究開発費に係る会計基準

コンピューターの発達により高度情報化社会の中で、ソフトウェアの果たす役割の重要性が増すが、ソフトウェアについて明確な会計基準が存在せず、各企業において区々の処理が行われており、会計基準の整備が望まれて来た。受注ソフトウェアは請負工事の会計基準に準じた処理を行うこととした。市販目的のソフトウェアは研究開発に該当する部分と製造に相当する部分があり、ソフトウェア製作費の取扱いが問題となっている。様は、新...

続きを読む

ソフトウェアの原価償却

無形固定資産として計上されたソフトウェアの取得原価は原価償却を行わなければならない。毎期の一定額を償却額とする「定率法」を用いらなければならない。使用目的により償却期間が異なる事に留意しなければならない。コピーして売る為の現本と研究開発用の場合の償却期間は3年とする。上記以外のソフトウェアの償却期間は原則として5年とする。勘定科目は「ソフトウェア償却」とする。人気ブログランキングへにほんブログ村...

続きを読む