Top page  1/101
17
2017

2018年を狙う!!

CATEGORY行政書士
今から、2018年に向けて学習計画を立てています。
行政書士試験の平均学習時間は300時間から1000時間と言われています。
私は、今まで税理士の国税徴収法を勉強してきたので、その間を取って500時間と見込みます。

すると「1日1.5時間位の学習時間が必要なのかな?」と考えています。



しかし、追い込み時期に5時間位の学習時間を考えてたら。。。

最初の初期の時間は「1時間から2時間位で良いのかな?」なんて考えています。


そろそろ、来年度の学習計画を立てたいと考えております。

2017年度のテキストを譲って貰ったので、それを少しずつ解いていこうと思っています。

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集


14
2017

いつか受験生でなくなる日まで・・・

CATEGORY行政書士
いつか行政書士に合格したら、このブログは終りになります。
受験生日記とでもいうのでしょうか?
受験生が合格するば卒業しなければなりません。

合格と手に居れるのが・・・
「卒業」

きっと、それまでの過程を綴る事は出来るので、今はこのまま残しておきます。
いつか、合格する日まで。
それまでの過程は、きっと見返すと長い長い道のりだったと思います。

仕事をしながら、病気になったり、倒れたり・・・
今でも、色々あるけど、見返すと、本当に様々な事があったように思います。

いつか、それが語れるように、がんばらないと!!!!

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集


13
2017

一人につき管理できる人数

CATEGORY仕事
この年齢になれば、ある程度の仕事をこなして、キャリアも積み上げてきました。
有難い事に、仕事のオファーも絶えずにあります。


しかし、行政書士試験を目指しているので、勉強する時間が欲しいので様々な事を考えています。
行政書士とは、お役所に書類を代行して取りに行く仕事です。
士業というと「皆、同じ」と考える方がいらっしゃいますが、様々な士業様がいらっしゃいます。

それぞれの役割があって、仕事も異なります。



最近、考えている事は、士業の仕事の内容を伝える事も大事だと感じています。
更に、今までのキャリアを伝える事も大事だと感じております。

「一人の人が管理できる人数は何人だと思いますか?」

これに答えられる人は、管理職に向いていると思います。

実は、一人が管理できる部下の数は10名程度なのです。
だから、大きな組織は、管理職をまた管理をしている状態なのです。



そのバランスが上手くいっていない会社は、当然なら社員は働きづらいと感じる訳です。
所謂「ブラック企業」と言われいる会社ですね。



組織の上の層がバラバラな意見を言ってくれば、当然社員は働きづらいに決まっています。
そして、社員の一番上は社長の理念です。
社長の理念に沿えない社員が居る事は、組織として大きなマイナスとなります。



それに「社長や管理職の方々が気づけるかどうか?」ですね。
ただの、肩書だけの管理職なら「要らない」という話なのですよね。
行動が平社員のままなら、管理職の意味も無いという、ちょっと手厳しい意見を出してみました。


貴方の会社が上手くまわっていない原因は、どこにあるのでしょうか?
チェックシートなどを設け、チェックしてみるのも悪くは無いと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

12
2017

今年は辞退・・・


まだ、相続関係が終わってないので、受験勉強事態が厳しい状況です。
片づける事が山のように積みあがっています。

それなのに、荷物があちこちに送られていて、あちこちに取りに行かなければならない状況です。
引越しの荷物もまとまらず、なかなか難しい状況です。




以前、働きながら勉強していた時に、熱中症になり夜間救急に行ったりしました。
そして、病院で点滴を打ちながら、勉強をしていた事もあります。

しかも、外は暑く仕事も捗らない。
まいにち、冷えぴた貼って、がんばらないと!

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集

17
2017

最初からあらすじが決まっていた。。。

CATEGORY勉強
大学時代のゼミの時に「税理士になりたいです」とゼミを希望しました。
その時、Wスクールなんて行く余裕も無く、東京でバイト三昧の生活でした。
ただでさえ、物価が高い東京なんて、余裕なんてありません。

そして、数年後、地銀でパートをする機会がありました。
その時の上司が元同僚が会計士になったというお話を聞きました。
上司は「あいつは頭が良かったからな」と言っていました。

その時から、会計士・・・税理士・・・
頭の中を駆け巡りました。

パートを終えた理由はフルタイムで働きたかったからです。
そして希望通りフルタイムで、某会社働き、某監査法人と接触する機会がありました。
その時、上司の元で、監査法人の方と直接やり取り行っておりました。

巡り合わせってこんな事なんだろうなと感じました。
本当に当時は辛い日々を送っていました。
倒れそうになった事もしばしば・・・

今は、その分の余裕のよっちゃんです(笑)


にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村
【謝礼の出る社会貢献ボランティア】10年間の安心実績JCVNのモニター募集